文字の
サイズ

Q

買い物に行く度に欲しい物の前で駄々をこねるので困ります。 どうすれば良いですか?

駄々をこねる子ども

 

A

 子どもは一度でも駄々をこねて欲しい物を買って貰ったりしてしまうと、「また駄々をこねれば買って貰えるんじゃないか」と思いこんでしまいがちです。ですから、『駄々をこねても絶対に欲しい物は手に入らない』ことを子どもに教えなくてはいけません。 実際の場面で駄々をこねてしまったら、まずは欲しい物のある場所から子どもを速やかに離すようにします。目の前に欲しい物があれば子どもはそれを欲して、ますますひどい癇癪を起こしてしまうことがあるからです。

お母さんと子ども

 次に、欲しい物のある場所から離した後は、子どもに話しかけたりせずに気持ちを落ち着かせるようにします。最後に、気持ちが落ち着いたら、『どうすれば欲しい物が買って貰えるか』を教えてあげます。 買い物に行く度に欲しい物を買い与えていたら大変ですよね。ですから、買い物に行く前に「今日は欲しい物を一つだけ買ってあげるね」「今日は欲しい物は買えないけど、明日は買ってあげるね」などといった見通しを与えるようにしましょう。また、普段から「毎週~曜日に欲しい物を買ってあげるね」とカレンダーに印をつけるなど、視覚に訴えたりルール化するとより見通しが得やすくなります。子どもが見通しやルールを理解できるようになれば、次第に駄々をこねる行為は減ってくるはずです。

(心理判定員 山本 秀二)